布団をフローリングに敷いても結露ができないようにする対策

除湿シートを布団の下に引くだけでは結露は防げない

僕もあれこれ結露対策をするために色々な除湿シートを買いましたが、どんなにいい除湿シートを買っても完全に結露を防ぐことはできませんでした。

人間の体温とフローリングの温度差でできる結露をたった一枚のシートでどうにかできるほど高性能な除湿シートはありません。

朝起きると除湿シートの下が濡れている。



本格的な対策にはすのこがオススメ

僕が使っているのがニトリのすのこ。

お値段も6000円くらいしかしないので、お手頃価格です。

最初は、すのこは場所を取るかなと思っていたのですが、このすのこスタンド式なので、普通に布団を畳んでおくよりコンパクトです。

布団をフローリングに敷いても結露ができないようにする対策



朝起きてスタンドを立てて部屋の隅っこにしまって置けば部屋が広く使えます。

男性だと冬布団がのったままの状態でも木製のキャスターがついているので、難なく持ち上げることができると思います。実際、僕は朝起きて布団を片付けることなくそのまま、

えいやっと、持ち上げています。

布団を畳むより簡単です。

ただ、女性だとさすがに布団をどかさないと持ち上げるのは難しいと思います。

木製のキャスターが付いているのでフローリングに傷がつくことはありません。えいやっと、と持ち上げればいいんです。

ただ、気を付けておきたいのは、確かに布団とフローリングに結露はつかないため、カビは出ないのですが、すのこ自体には若干の結露が付くようで1年くらい使ってると少しですが、すのこ側にカビが付いているのを確認できました。

本当は、定期的にすのこ自体を乾かすなどすればいいんでしょうが、面倒くさいので一回もやったことがありません。それでも少しのカビなので、問題ないと思います。気になるくらいカビができてくれば、6000円程度しかしないので、買い換えればいいと思ってます。

このニトリのすのこ、送ってもらうことも当然できますが、男一人だけでも普通に運べたので、僕は購入して無料でトラック借りて家に持ってきました。重さも8kg程度しかありませんから米10kgより軽いですから大丈夫です。

See Also