rubyの演算子でオーバライド(再定義)できないもの

ruby資格でよく出てくるので復習と理解を深めるためにもメモ。



オーバーライド(再定義)できない演算子(制御構造)とできる演算子一覧

+@や-@は単項の+と-で、+50や-36のような式の演算子を表します。

演算子の組合せである自己代入演算子は再定義できません。+=などもオーバライドできない。

制御構造とは、「順序どおり実行する」「繰り返して実行する」「条件を判断して実行する」のいずれかの構造でプログラムを記述します。こうした構造のことを制御構造と言います。

できない できる
= |
?: ^
.. &
<=>
not ==
&& ===
and =~
|| >
or >=
:: <
<=
<<
>>
+
-
*
/
%
**
~
+@
-@
[]
[]=
`
!
!=
!~





演算子と優先順位

+@や-@は単項の+と-で、+50や-36のような式の演算子を表します。

優先順位 演算子
::
[]
!  ~  +@
**
-@
*  /  %
+  -
<<  >>
&
|  ^
>  >=  <  <=
<=>  ==  ===  !=  =~  !~
&&
||
..  …
?:
=
not
and or

See Also