RubyMineのデバックとpryデバックの違い

Contents

調子に乗ってRubyMineを買った僕です。

今回は、RubyMineとpry-byebugのデバックの違いを簡単に紹介していきます。



まずは、みなさんご存知、pry-byebugです。エディタはAtomを使います。

pry-byebug編

用意するもの

Gemfileに以下を追記

group :development, :test do
  gem 'pry-rails'
  gem 'byebug',
  gem 'pry-doc'
end

追記した後は、普通にbundle install

後は、デバックしたい場所にbinding.pryを追記するだけです。こんな感じで。

def create
  @micropost = current_user.microposts.build(micropost_params)
  if @micropost.save
    binding.pry
    flash[:success] = "Micropost created!"
    redirect_to root_url
  else
    @feed_items = []
    render 'static_pages/home'
  end
end

後は、ターミナルで確認します。

6: def create
7:   @micropost = current_user.microposts.build(micropost_params)
8:   if @micropost.save
=>  9:     binding.pry
10:     flash[:success] = "Micropost created!"
11:     redirect_to root_url
12:   else
13:     @feed_items = []
14:     render 'static_pages/home'
15:   end
16: end

[1] pry(#<MicropostsController>)> @micropost
=> #<Micropost:0x00007fc50a0661f8
id: 302,
content: "test",
user_id: 1,
created_at: Wed, 09 May 2018 11:57:43 UTC +00:00,
updated_at: Wed, 09 May 2018 11:57:43 UTC +00:00,
picture: nil>





RubyMine編

用意するもの

$ gem install ruby-debug-ide
$ gem install debase

RubyMineの場合は、binding.pryを追記しなくてもデバッグできます。調べたい所にブレークポイントをおきます。こんな感じで。

RubyMineのデバックとpryデバックの違い

次に実行からデバックを選択。

RubyMineのデバックとpryデバックの違い

後はDebugコマンドを走らせるだけです。

RubyMineのデバックとpryデバックの違い

まだまだ、RubyMine使いこなせていませんが、頑張って使いこなせるようになりたい。



以下は紹介コードです。

ご紹介により新規ライセンスに割引が適用されます

See Also