JavaScriptのconstとletとは

ざっくりconstとlet


const

一言で言えば、かわる予定のないものにconstを使う。つまり、定数。

let

かわるかも知れないものにletを使う。

es6からはvarを使うことはほぼなくなります。






今までのvarを使った場合。

var name = '太郎';
var title = '営業マン';
var hourlySalary = 5000;

ES6の場合。

const name = '太郎';      ← かわる可能性がない
let title = '営業マン';    ← かわる可能性がある
let hourlySalary = 5000;  ← かわる可能性がある

constletを使うことによって、コードが読みやすくなる。特に他の人が。

よくやるのは最初はconstで書いて、後からかえる必要性が出てきたらletにする。





See Also